カーシェアリング

【あの会社が1位】カーシェアリング業界のランキングを徹底調査!

アイキャッチ
マイカー太郎
マイカー太郎
カーシェアリング業界のトップシェアってどこなの?業界のランキングとか知りたいな
カーシェア君
カーシェア君
1位のサービスはキミも知っていると思うよ。街でよく見かけるからね。

カーシェアリング業界のランキングは?

まず、「カーシェアリング業界」について定義しておきましょう。カーシェアリングとは、会員同士で自動車を共同利用するサービスのことを言います。

ここでいう「カーシェアリング業界」とは、生活者に車を提供するBtoCのカーシェアリングビジネスを行なっている企業が属している業界のこと。

カーシェア君
カーシェア君
個人間で車をシェアする「相乗りサービス」や「配車サービス」はこれに該当しません。Uberなどに企業は含まないよ

それでは、さっそくカーシェアリング業界のランキングを見ていきましょう!

カーシェアリング ランキング(駐車場数)

まずは駐車場数から見ていきます。

国内の主要なカーシェアリング会社は30ほどあると言われてますが、その中でほとんどのシェアを占めているのが、次の5社になります。

駐車場数ランキング

1位 タイムズカーシェア(12,683箇所)

2位 カレコ・カーシェアリングクラブ(2,304箇所)

3位 オリックスレンタカーシェア(1,867箇所)

4位 カリテコ(350箇所)

5位 ホンダ・エブリゴー(103箇所)

出典:カーシェアリング比較360°

シェアをグラフにすると、下記のようになります。

駐車場数

タイムズカーシェアが7割近くになり、圧倒的なのが分かりますね。

タイムズカーシェアを展開するパーク24は、もともと駐車事業を展開していて、そこでトップシェアを誇っていました。

全国に保有していた駐車場を活用してはじめた新規事業が、カーシェア事業です。そのため、他のカーシェア会社よりもステーション数が多い。

マイカー太郎
マイカー太郎
圧倒的だな

 

2位は、カレコ・カーシェアリングクラブ。こちらは三井のリパークが展開するカーシェアリングサービスです。パーク24と同じく駐車場事業を手がけていたので、それらの資産を活用して、カーシェアリング事業に乗り出しました。

最近まで3位でしたが、オリックスレンタカーシェアを抜き2位に。ステーション数を伸ばしています。

3位はレンタカー業界の大手オリックスレンタカーシェアです。パーク24や三井のリパークなどの駐車場事業ではなく、レンタカー事業を展開している会社が手がけたカーシェア事業になります。これまで業界2位を走ってきましたが、カレコに抜かされ、現在は3位に。

4位はカリテコ。名鉄協商サービスという会社が手がけるカーシェアリング事業です。会社名からわかるように名古屋を中心に駐車場事業を手がけており、保有していた駐車場を武器にカーシェアリング事業を展開しています。

そして第5位は、自動車メーカーのホンダが始めたカーシェアリングサービス、ホンダ・エブリゴーです。東京・神奈川・大阪を中心にステーション数を伸ばしています。

カーシェアリング ランキング(車両数)

続いて、車両数ランキングです。こちらも駐車場数のランキングと同じ会社がシェアを占めています。

車両数ランキング

1位 タイムズカーシェア(26,798台)

2位 カレコ・カーシェアリングクラブ(3,959台)

3位 オリックスレンタカーシェア(3,160台)

4位 カリテコ(451台)

5位 アースカー(174台)

出典:カーシェアリング比較360°

グラフにすると、下記のようになります。

車両数

ここでもタイムズカーシェアが圧倒的。およそ8割を占めています。

タイムズカーシェアは、駐車場を保有していたため、それらを活用し、一気に車両の導入を進めることができました。またマツダ自動車と提携をしていたこともあり、車両数を確保できたのも大きいです。

こうして圧倒的な車両数を誇るタイムズカーシェアは、2020年には3万台を目指すと宣言。車両数を毎月400台から500台のペースで増やしていて、業界をけん引しています。

カレコ・カーシェアリングクラブは、輸入車などの車両も積極的に導入。メルセデス・ベンツやジープ、ボルボ、国産車でもランドクルーザーやジムニーなど車好きに刺さる車両を増やしています。

マイカー太郎
マイカー太郎
え、輸入車も乗れるんだ!
カーシェア君
カーシェア君
そうなんだよね。いろんな車種に乗れるのもカーシェアリングの嬉しいところだね

各サービスの特長

ここでカーシェアリング主要5サービスの特徴を整理しておきましょう。サービスごとにどのような違いがあるのか、見ていきます。

タイムズカーシェア

タイムズカーシェア

国内のカーシェアリングのトップ。駐車場数、車両数ともに一番多いので、家の近くにある可能性が高く、借りたいときに借りられるだけの車両数を用意できるのが強み。利用しやすさが抜群。

使いやすさなら、タイムズカーシェア!

駐車場数・車両数ともに国内トップ。全都道府県で利用できる

ステーション数が多いので、近くにある可能性が高く、利用しやすい

・月額880円。利用料金は、時間15分206円~

・車種は34種類(国産32、輸入2)のラインナップを用意

カレコ・カーシェアリングクラブ

カレコ2位であるものの、1位のタイムズカーシェアと大きく開きがある。カレコの特徴は、イケてる車が借りられるということだろう。下記のように輸入車も多く取り扱っている。駐車場数、車両数がタイムズに劣るので、こういった車種での差別化を行なっている。

都心住まいのクルマ好きは、カレコ!

・駐車場数・車両数ともに国内2位

・首都圏、静岡、愛知、大阪、兵庫、京都、岡山、広島、沖縄のみ展開

・月額980円。利用料金は、時間10分140円~

車種は58種類(国産35、輸入23)のラインナップで最も豊富!

クルマ好きにおススメ!イケてる車を借りられる!(デートとかおすすめ)

オリックスレンタカーシェア

オリックスレンタカー

レンタカー大手のオリックス自動車が手がけるカーシェアリングサービスです。つい最近までカーシェアリング業界2位を走っていましたが、カレコ・カーシェアリングクラブに抜かれてしまいました。オリックスブランドがあるので、安心感があります。サービスとしては、特別目立つ部分もなく、スタンダードな印象です。

・駐車場数・車両数ともに国内3位。

・レンタカー会社大手が手がけるカーシェアリングサービス

・12県以外のすべてのエリアで展開。利用しやすい!

・月額840円。利用料金は、時間15分210円~

・車種は11種類(すべて国産)のラインナップ!

カリテコ

カリテコ

関東圏に住んでいる人はあまりみたことがないかもしれません。こちら名鉄協商パーキングが運営するカリテコ。愛知、岐阜、三重、静岡、石川を中心に展開するサービスです。一部、東京、神奈川でも展開しています。

・愛知、岐阜、三重、静岡、石川など東海エリアを中心に展開!

・月額1,045円or月会費無料(選択可)。利用料金は、時間15分187円~

・車種は32種類(国産30、輸入2)のラインナップ!

 エブリ・ゴー

「EveryGo(エブリ・ゴー)」

Hondaが2017年11月9日よりスタートしたサービスです。現在は、東京、神奈川、大阪での展開が中心です。ここにきてカーシェアリング主要5社の中に仲間入り。自動車メーカーが手掛ける新事業です。

・Hondaが2017年11月9日よりスタートしたサービス

・東京、神奈川、大阪での展開が中心

・入会費、年会費無料。時間料金は、8時間3,780円

・ペット同乗可!

・すべてホンダ車。16種を用意(軽自動車、コンパクト、ミニバン、SUV)

自動車メーカーも参画してきた

Hondaのエブリ・ゴーがカーシェアリングの主要5社に入ってきたのは、大きなTOPICSでう。今後自動車メーカーもどんどんカーシェアリングを増やしていくのではないでしょうか。

じつはすでにトヨタ、日産もカーシェアリング事業をはじめています。ここでは2つのサービスを紹介します。

トヨタ「TOYOTA SHARE」

TOYOTA SHARE2019年10月末に開始した「TOYOTA SHARE」。駐車場ではなく、トヨタ販売店/トヨタレンタリース店で貸し出し、返却ができるサービスです。

入会金、月会費は無料(キャンペーン中)で、Basicクラスの価格は、ショート料金で15分200円~、パック料金で6時間3800円~。

日産「e-シェアモビ」

「e-シェアモビ」
電気自動車を中心としたカーシェアリングを2018年1月から開始。リーフ、ノートeパワーなど日産自慢の電気自動車を用意しています。2020年1月現在で全国に399箇所のステーションを用意。

入会金、距離料金ともに無料。時間料金は車種によって異なりますが、15分200円~400円で、6時間パックだと、3500円~4100円になっています。また18時~24時はアーリーナイトパックで、2000円~3000円とお得であったり、時間帯ごとに料金プランは異なるのも特徴です。

初心者におすすめのカーシェアリングサービスは?

マイカー太郎
マイカー太郎
で、結局おススメのサービスはどれ?

「クルマは移動手段」「クルマが大好き」「輸入車好き」など、どのような人が使うのかによっておススメするサービスは変わります。

今回は「車は移動手段」という人にとっておススメのサービスを紹介します。

おススメは、業界トップのタイムズカーシェア!

だって、駐車場数・車両数ともに圧倒的1位ですから。これが使う上では一番重要です。マイカーのように使えるからこそ、カーシェアリングの便利さを実感できます。

ステーション数は1万2000箇所ですからね。めちゃくちゃたくさんありますよ。きっとこれを読んでいる人の家の近くにもあるはず。入会もすぐできるので、即利用ができますね。

twitterでも、タイムズカーシェアに入会し、クルマ生活を楽しんでいる人が続々と。

タイムズカーシェアの入会方法は超簡単。ネットでサクッと手続きができます。

入会すれば、スマホで車を予約し、5分後にはドライブ開始できます。

「こんなに便利なら、もっと早く入会しておけばよかった!!!」と思うはず。

月額費は880円ですが、880円分の無料利用がついているので、実質月会費は無料。

さらに学生プランは月額基本料金が無料。

「とりあえず車でドライブ」「車で買い物行こう」という楽しい生活が待ってます。