タイムズカーシェア

タイムズカーシェアでシエンタを借りてみた!どんな人に向いてる?

マイカー太郎
マイカー太郎
シエンタってどんな車なの?タイムズカーシェアでよく見るけど、詳しく知りたい
カーシェア君
カーシェア君
トヨタのシエンタについて僕が詳しく解説していくよ

シエンタってどんな車?スペックは?

シエンタ

シエンタはトヨタが販売している7人乗りのコンパクトサイズのミニバン。2019年の新車販売ランキングでは、3位。2019年だけで国内11万台超を販売した爆発的に売れている車です。

特徴の1つは、使い勝手。「ミニバンでは大きすぎる…」という方には最適なサイズ感。コンパクトでありながら3列シートで7人乗りを実現。4人家族などのファミリーでも余裕で快適に乗れる広さがあります。後席はスライドドア。乗り降りもラクチンで、この使いやすさが売れている理由の1つ。

さらに抜群の燃費も魅力です。シエンタは、ハイブリット車だと、JC08モードで 28.8km/リッターという高燃費を実現。広さと燃費を両立。ファミリーカーとして申し分なく、活躍してくれる一台。

それだけではありません。デザインもとってもキュート。様々な年代の方に親しまれる外観です。今回借りたのは、蛍光色。こちらもポップでかわいらしい色合いです。蛍光色でありながら奇抜すぎないところ、この垢ぬけた感じがシエンタの良いところです。

シエンタのスペックを見てみましょう。タイムズカーシェアに配備されているのは、「NSP170G型(2015年~)」です。

定員 7名(2WD)・6名(4WD)
排気量 1496cc
駆動 2WD or 4WD
油種 レギュラー
ボディサイズ 4,235mm×1,695mm×1,675mm(全長×全幅×全高)
トランクのサイズ 430mm×1,000mm×900mm(全長×全幅×全高)
安全装備 バックモニター、ブレーキサポート、コーナーセンサー
その他の装備 ジュニアシート、ETC車載器

 

シエンタは、どんな人に向いている車なの?

人気のシエンタは、どんな人に向いている車なのか解説していきます。

・4人家族など、ファミリーで乗りたい

・友達家族も乗せてどこかへ行きたい!

・買い物でたくさんの荷物を積みたい!

・キャンプ用品などを積んで、アウトドアに使いたい

・大勢で乗れる車がいいけど、大きすぎる車はちょっと怖い…

シエンタはこういった考えの方に向いている車です。

室内は3列シートで7人乗りなので、友達家族を乗せてどっかへ行くときにも活躍するでしょうし、とはいえ、アルファードやVOXYなど大きな車に乗るのはちょっと怖い…。という方には最適。コンパクトでありながら、多くの人を乗せられるシエンタがピッタリです。

また、3列シートを倒せば、トランクも広くなるので、荷物もたくさん積みこめます。たくさん買い物をするとき、アウトドアでどっかへ行く時なども、大きな荷物も余裕。4人家族であっても広々と使うことができます。

外装

シエンタの外装を見ていきましょう。

借りたのは、蛍光色のシエンタ。シエンタの中でも、最も目立つ色かもしれません。この蛍光色は目立つのですが、奇抜過ぎないところがグッド。都会的でデザインがより一層際立ちます。街でもこの色のシエンタ結構たくさん見ますね。

正面からの顔は、アクアっぽい?癖がなく誰からも好まれるのではないでしょうか。

シエンタ2

 

サイドはこんな感じ。黒と蛍光色がすごく合いますね。ところどころに施された黒のラインがアクセントとなり、あか抜けた印象に仕上げています。スライドドアのドア後部のラインもキレイですね。

 

シエンタ3

 

スライドドアを開けると、こんな感じ。室内空間も広々です!

 

シエンタ4

 

バックから見ると、こんな感じ。ライトの周りにブラックのラインが入ることで、オシャレに。窓も大きく、運転席から後部の視界も良さそうです。

 

シエンタ3

内装

 

では、続いて内装です。運転席から見ていきます。

 

シエンタ5

 

室内は広々。座席、インパネ、ドアトリムが白なので、とても広く感じます。内装は白を基調としていて、とてもフレンドリー。どの世代にも受け入れられるデザインです。ブラックのダッシュボードには赤のステッチが施されていてオシャレさもあります。

 

シエンタ6

 

ハンドルはシンプル。ナビのリモコンボタンはついていますが、必要最低限の装備。でも特に問題ないと思います。

 

シエンタ7

 

助手席はこんな感じ。明るい室内ですね。ドアトリムは、ファブリック素材と、プラスチックをうまく組み合わせています。

 

シエンタ9

 

インパネ部。シフトレバーは、インパネ部にあるスタイル。下部にあるシフトレバーに慣れていると運転しづらそう…と思うのですが、運転してみると全く問題なし。むしろ運転しやすいかもしれません。ナビもちゃんとついています。

 

シエンタ8

 

運転席と助手席の間にはアームレストもナシ。なので運転席、助手席から後部座席にも移動できます。たとえば、お子さんが後ろにいる場合にすぐに移動できると、便利ですよね。

 

シエンタ座席

 

鍵は差し込み式ではなく、ハンドルの横にスイッチがついています。鍵を持っていれば、ブレーキを踏んでボタンを押すだけでエンジンがかかるのでラクチン。ここら辺も使いやすいですよね。

 

シエンタ8

 

メーター類はこの通りシンプル。真ん中に見やすい液晶がついていて、時速、燃費、走行距離、シフトレバーのポジションなどが表示されます。パッと見てわかるのが嬉しいですね。

 

シエンタ9

 

後部座席を見てみましょう。後部座席も広いですね。座席やドアトリムが白いので、さらに広く感じます。座席の下部や背面はブラック。白黒でメリハリがあっていいですね。

 

シエンタ11

 

ドアノブを横にひくと、スライドドアが開くようになっています。ドアノブは思ったよりも重かったです。

 

シエンタ10

 

座席はこんな感じ。ヘッドレストもちゃんとついています。

 

シエンタ12

 

3列シートですが、大人が3列目に二人座るのは、ちょっと狭いイメージ。子供なら全然大丈夫だと思います。2列目のシートを少し前に移動させれば余裕かもしれません。

 

シエンタ12

 

3列目からの眺めです。こう見ると結構広い。シエンタいいですね。4人ならとっても快適に過ごせそうです。

 

シエンタ後部座席

収納

シエンタの収納は、どうなっているのでしょうか。見ていきましょう。

運転席のハンドル右横にペットボトルが入るポケットがありました!これはいいですね。場所もさっと手に取れる位置。よく運転席左のアームレストにある場合が多いのですが、自分としてはここにある方が便利だと感じました。

シエンタ13

 

助手席の収納は優秀です。ダッシュボードにポケットがこんなに。ペットボトルのポケットもちゃんとついています。スマホや財布、ちょっとしたもの奥になるようなポケットも。ここらへんは使いやすそうです。

 

シエンタ14

 

トランクを見てみましょう。3列シートがある状態でも、キッズシートやちょっとした荷物を乗せられるスペースがあります。とはいえ、この状態では、決して広いとは言えません。

 

シエンタ15

 

3列目を畳んでみると、この広さ。これならたくさんの荷物を詰め込むことができますね。

 

シエンタ16

 

別の角度から。十分な広さです。

 

シエンタ16

じつは2列目のシートも畳むことができ、そうなるとかなりの広さになりました。車中泊なんかもできるくらいの広さはありますね。シエンタの室内の使い勝手、いいですね。

視界

シエンタの視界は、良好でした。ボックス型の車の方がフロントガラスがフラットで、見やすい印象ですが、シエンタも十分。窓も大きく、視界は全く問題はありませんでした。

シエンタ17

 

運転席サイドです。窓も大きいので安心。右折時に見づらいということもありません。

 

シエンタ18

助手席の窓もこの通り大きく、左折時も見やすく安心です。

 

シエンタ19

後部座席の窓も大きいですね。後方確認しやすく安全です。左折時の巻き込み確認などもしっかりできますね。

 

シエンタ20

 

リアもこの通り。初心者の方も、安心して運転できる車だと思いました!

 

シエンタ21

 

シエンタ22

シエンタに乗ってみての感想

シエンタ23シエンタで街中を1~2時間運転してみました。アクセルを踏んだ時の反応、加速感、またカーブでのハンドリングなどは、普通でした。走りに関しては驚くべきところなく、正直、運転が楽しい!と思える走りをするような車ではありません。

しかし室内空間については言うことナシ。とにかく広くて開放的。3人で乗ったのですが、天井も高く、後部座席もとても快適との声がありました。ファミリーにとってはこういった広さは嬉しいですね。

スライドドアなどは子供がいる方は、乗り降りが楽でとても便利ですし、コンパクトでありながらこの室内の広さを確保できているのは、素晴らしいですね。

3列シートがどのくらい活躍するか分かりませんが、3列目を畳めば、2~3日の旅行用の荷物は入るでしょう。買い物でも荷物をたくさん積み込めます。

タイムズカーシェアでシエンタの利用料金は?

タイムズカーシェアでシエンタは、ミドルクラスにあたり、15分330円で利用が可能です。1時間で1320円。ここにガソリン代、保険代なども含まれていますから、かなり安いですよね。

さらに、ガソリンを20リッター以上入れれば、30分の利用料が割引されます。つまり、1時間660円で乗れるのです。自分もシエンタを借りたときにガソリンを入れたので一時間660円で乗れました。こりゃ安い!

2時間レンタルすれば割引なしで2640円。毎週末2時間借りても、2640円×52週=年間13万7280円で済むのです。駐車場代も不要。保険代も不要。維持費が高いマイカーと比べれば断然安いですよね。

それでいて、マイカーのように使えるのですから、マイカーを持つ意味って何なのかを考えずにはいられません。

タイムズカーシェアの会員数は130万人を突破。マイカーではなく、タイムズカーシェアを選ぶスマートな生活をする人が増えています。